トップページ > 創業者精神

創業者精神

FOUNDER SPIRIT

「協調と和」 「信頼・誠意・努力」 「誠実と挑戦」
創業者 吉田廣助

創業者 吉田廣助の精神

明治44年12月5日、吉田政郎・たつ枝夫妻の長男として三重県阿山郡上野町に生まれる。
昭和5年、三重県立上野中学を卒業、家業の燃料商を手伝い、明けて昭和6年、大阪市の石炭問屋大崎商会へ1年の年季で見習い奉公に出る。
昭和11年、単身満州に渡り、森川酒造新京支店に就職。昭和16年統制経済のため森川酒造が閉鎖、満州協和会に就職。満州にて終戦を迎え、第一次引き揚げ最後の第七十二団に加わって帰国。昭和27年、南久宝寺の自宅を事務所としてナニワ商会を創業(9月1日)。
東洋陶器製品を主体に商売を展開。同年株式会社に改組(資本金50万円)。
昭和30年代までの流通形態が業界の実態から乖離しはじめたと気付き、昭和40年代に入る頃から、他の特約店に先駆けていち早く協力販売店の育成に取り組み、順調に社業を伸ばし得た。昭和46年、社名を現在の株式会社ナニワと改称。
昭和55年、郷里の三重県名張市奨学資金造成基金へ寄付、紺綬褒章を受く。
昭和62年、代表取締役会長に就任。
平成2年3月23日、永眠。
創業以来、「協調」と「和」を基本理念とし、「信頼・誠意・努力」の事業をまっしぐらに実施してきた。
こうしてナニワは、「信頼・誠意・努力」によって、より広い「協調」と「和」の社風確立を目指している。
ナニワの「協調」と「和」は、お得意先様をはじめ、メーカーとの「協調」と「和」であり、
同時に社会全体との「協調」と「和」に通じているのであります。